夏のアトピーのスキンケア対策

アトピーが夏、汗や紫外線によって悪化されることがよくあります。漢方の内服もこの時期に合わせたものが大切ですが、それと同時に夏に合わせたスキンケアも重要です。
そもそもアトピー肌は皮膚の正常機能が損なわれている場合が多いので、炎症を起こしているところは汗をかきにくい状態です。よく汗で悪化する肘の内側、膝の裏側はそもそも発汗量の少ないところです。人は汗をかくことで熱を放出して冷ましているので、汗が出ないところは熱がこもりやすいということです。乾燥して肌の抵抗力が落ちているところに、夏湿気とこもった熱によって非常に雑菌(真菌)が繁殖しやすくなっていて、これが痒みの原因にもなっています。

対策・・・運動してしっかり汗はかいたほうがいいです。ただ汗をかいた後は洗い流す必要があります。シャワーですぐ洗い流すのが1番ですが、すぐできない場合は水(できればミレラルウォーター)を霧吹きで肌につけて、水を含ませたタオルでふき取ってあげてください。その後五行草液を吹き付けておきますと痒み対策ができます。
また日頃の石鹸ですが、一般のボディイソープは洗浄力がとても強いため、洗いすぎると皮脂を取りすぎ、皮膚のバリア機能を壊す原因となり、皮膚の水分保持能力が低下し敏感肌になってしまいます。出来ればアトピー肌の方は皮膚の機能を損なわず、殺菌にもすぐれた瑞花露ソープをおすすめします。洗浄した後は皮膚呼吸を妨げることのない瑞花露ローションを塗布してください

衣服・・・最近、機能性肌着が流行っていますが化学繊維は反応してしまう方が多いので、木綿の肌着は通気性、吸湿性もよいですのでおすすめします。

紫外線対策・・・紫外線はアトピー性皮膚炎の悪化因子となっています。ですのでUV対策はしっかりしたいのですが、かといって日焼け止めクリームなどのUVケア用品は一般に界面活性剤や添加物等、それ自体でアトピー肌が反応してしまって悪化してしますケースが多くあります。また長時間肌に留まるクリームやオイルは、皮膚呼吸を妨害し熱がこもってしまい悪化します。
おすすめはノブの無添加のパウダーファンデーション。パウダータイプですのでベトつかず、紫外線吸収剤ではなく、紫外線をかく乱して侵入を防ぐタイプですので安心です。

衣類の洗剤・・・最近流行りの香りの残る洗剤や柔軟剤は直接肌に触れる衣類はさけてください。それ自身にアレルギー反応してしまうケースが多いです。できれば界面活性剤ゼロの洗剤や、合成洗剤でなく、せっけん洗剤をおすすめします。