手汗 多汗症

持つもの、紙が汗で濡れる
スマートフォンが汗でベタベタになる
人と握手が怖い・・・・・etc

手汗(手掌多汗症)でお悩みの方のご相談は以外と多いです。

「手に汗握る瞬間」なんて言葉を使うとき、緊張や興奮の状態を思い浮かべます。このことからも交感神経の興奮や緊張状態と関係があると思われます。大脳の興奮や自律神経の緊張によって手の平に発汗すると文献的にも考えられています。

病院(西洋医学療法)では
1、薬物療法(精神安定剤、抗コリン剤など)
2、物理療法(イオントフォレーシス、ボトックス注射など)
3、手術療法(多汗症手術など)

漢方(中医学療法)では
「心」と「肝」が特に関係していると考えられます。精神や神経の興奮には心や肝の高ぶりが影響を与えていると考えるからです。
「心」・・・・脳の精神、意識、自律神経などを管理している
      中医学で「心」とは大脳の働きを含みます。大脳が興奮すると、手足がほてり、口が渇き、睡眠障                                        
      害が起こり、手汗を感じるようになります

「肝」・・・・ストレスや情緒をのびやかに保つ役割
      中医学では「肝」とは自律神経の働きを含みます。肝によって自律神経が正常に保たれ、身体全
      体がコントロールされています。ストレス、イライラ、不安などにより緊張して手汗が起こります。

緊張型・・・・真面目できっちりとした性格の方が多い。普段から交感神経が興奮気味で身体のほてりを感じ
       寝つきが悪かったり、夢を多く見たりするタイプ。
       天王補心丹

イライラ型①・・・・頭に血がのぼってしまっていて、赤ら顔や血圧が上昇気味。怒りっぽい性格で行動が素早   
           いタイプ。
           ミンハオ、サイリュン、瀉火利湿顆粒

イライラ型②・・・・気の滞りで胸や脇の辺りに詰まったような、張ったような違和感があり、ガスがたまりやすく                 
           女性なら生理前に不調になりやすいタイプ。気分屋さん的なところもある。
           柴胡疎肝湯、療法調律顆粒、

鬱型・・・・・食べ物の消化吸収が弱ってしっかりできないことから、心を養えない状態で動悸が起こる方もい
       ます。
       心脾顆粒
  
あとは体内の水分の巡りを改善させるため、防已黄耆湯柴胡桂枝乾姜湯桂枝加黄耆湯を足すこともあります。