口の周りのブツブツ(口囲皮膚炎)

口の周りや顎、鼻が赤くなり、ブツブツの湿疹や膿疱ができる皮膚炎。
原因はステロイド剤を長期使用することによって起こったり、また皮膚炎紫外線や化粧品、ホルモンバランスの乱れが関与している場合もあります。
10代後半から40代の女性に多く起こります。ブツブツの形状は膿をもったものや小さな水ぶくれ、小丘疹などがあり、皮が剥けたり痒みを伴う場合もあります

治療法
まずはステロイド剤の使用を中止すること。その後で抗生物質の軟膏を場合によっては使用します。
漢方の内服で体の中から治療していきます。まずは清熱解毒薬の五涼華を中心に白花蛇舌草、便秘があれば清営顆粒、ホルモンバランスが乱れていたら二至丹や瀉火補腎丸、肌の抵抗力が弱っていたら板藍根や衛益顆粒等をあわせてます。
外用では五五パック(漢方のオリジナル化粧水)、瑞花露ローションでケアします。

あとはご使用の化粧品や食べ物も見直してみましょう