主婦湿疹

手の指や手のひら、甲にのみ出切る湿疹です。20代から30代の女性に多く、きっかけは結婚、出産と環境が変わり、家事、水仕事が増えることから発生しやすくなります。アトピー素因は三分の一くらいを占めています。また冷え症や腰痛、月経不順、生理痛などを訴える方ではホルモン失調が考えられる例も多く、皮膚が荒れやすい体質的素因があると考えられています。
1)誘発因子
  家事に使用する洗剤は蓄積障害皮膚炎を発症させます。アレルギー性湿疹では金属や 
  植物など、家庭内に多くのアレルゲンがありますが、遅延性のアレルギーで生じます。
  主婦湿疹で炎症の少ないのもを進行性指掌角化症ともいいます。
2)皮膚科的治療
  急性炎症の時はステロイド軟膏と亜鉛華軟膏を重層し、亀裂のひどい部分にはステロイ
  ドテープを一時的に貼ります。軽快したら紫雲膏に切り替え、1日数回よく擦り込むように
  します。
  進行性指掌角化症型の場合は、ケラチナミン軟膏またはヒルドイド軟膏の単純塗布。ま
  たは、アルメタ軟膏とケラチナミン軟膏の混合軟膏の単純塗布をします。
3)漢方治療
  主婦湿疹の本は血虚が多く、標は血熱、血燥が多い。紅斑やほてりは血熱であり、乾燥
  や亀裂は血虚や血燥であります。急性症状の時は小水疱があらわれます。

主婦湿疹の第一選択の処方は温経湯ですが、この処方は体を温める作用があり、症状がかなり安定しているときでないと炎症が増すことがありますので注意が必要です。全身乾燥気味の方は温清飲、手のほてりがある方は三物黄芩湯を考えます。また皮膚に潤いを与える紅サージが必要な方のみえます。逆にジュクジュクしている方、小水疱が目立つかたは瀉火利湿顆粒が合います。いずれにしても症状と体質に合わせて漢方薬を選び、重ねていく場合もあります。
また、皮膚に潤いを与え、殺菌作用もあるスキンケアも重要になります。