ストレスと皮膚病

ストレスが原因で皮膚病が発症、悪化することがよくあります。
ストレスといっても自律神経によるもの、性ホルモンによるもの、環境によるもの、飲食によるもの等、様々です。
例えば、自律神経が失調すれば血管運動障害や内分泌異常がおこり、免疫異常が誘発され、結果皮膚病が発生しやすくなります。また、飲食が乱れると、腸管粘膜バリア機能が壊れ、アレルゲンになる食材に反応し、血液免疫異常がおこり皮膚炎が発生します。

皮膚病は結果ですので、まずは原因を探すのが大事です。
1・環境ストレス(回避)
2・精神的なストレス、内分泌失調
(八仙丸、瀉火補腎丸)
3・腸管免疫破綻(紅沙棘、五行草、昌三仙)

精神的なストレスを緩和するのは大事です。
1・安神剤の活用
  天王補心丹、温胆湯、ミンハオ、シベリア人参
2・疏肝剤の活用
カミセーヌ、逍遥丸、瀉火利湿顆粒