自家感作性皮膚炎

接触性皮膚炎や貨幣状湿疹などなかなか治らなくて、症状が悪化してくると、全身に紅い丘疹や水疱などがたくさん出てきて非常に痒くなります。掻くことによっても広がっていきます。このような皮膚炎を自家感作性皮膚炎といいます。人に移ることはありません。

まずは皮膚科でステロイドの外用と抗ヒスタミン又は抗アレルギー薬の内服で治療します。湿疹が全身の場合ステロイドの内服を短期間服用することもあります。
皮膚科のこの治療で皮膚炎が治まり、再発しなければいいのですが、実際にはある程度最初は治まっても繰り返し再発したり、なかなか治らずいつまでもステロイドに頼ってしまうケースがおおくみられます。

中医学でこの自家感作性皮膚炎を診ると「全身のあらゆるところに多発する」「激しい痒み」「紅い」等から風邪(ふうじゃ)の熱の影響が強い皮膚炎であると考えます。よってこの風邪を取り除く漢方薬をその方の皮膚炎の症状にあわせて加減したり数種類組み合わせたりして風邪を取り除いていきます。同時にその方の体質に何か問題があり、繰り返し発症している場合もあります。その際は一度症状が治まりましたら、体質を治す漢方薬を処方します。最近当店店頭では「脾(消化器系)」が弱い方が比較的多くみられます。

自家感作性皮膚炎は痒みも強く、湿疹も全身で範囲も大きく、紅斑も強く大きいことが多いので、患者さまのストレスも強く、それがまた痒みを生じてしまう悪循環になってしまいます。そして治らないかも・・という不安も。でも、中医学でしっかり問診し、あった漢方薬を使えばよくなる皮膚炎ですので、安心してご相談ください。

知多半島・半田の漢方薬局  ジロードラッグしみん薬局 http://jirou-kanpou.com/
漢方体験.com   
http://www.kanpo-taiken.com/