尿路結石、胆石

男性の7人に1人、女性の15人に1人!                                                                 国民病になりつつある尿路結石・胆石 

2005年の疫学調査では、男性の7人に1人、女性では15人に1人が一生に一度は尿路結石にかかるとされています。また胆石の保有者は厚生労働省によると1,000万人以上(人口の約10%)と推定されており、国民病ともいえる状況となっています。
尿路結石・胆石に対して中国や日本では古くから民間薬として、しそ科のカキドオシの全草である「連銭草」ブナ科の常緑高木の葉である「裏白樫」が注目されてきました。
尿路結石も胆石も、食生活などの生活習慣の改善が必要です。しかし、生活習慣を改善することはなかなか難しいものです。そのような時に連銭草や裏白樫などで健康のサポートをされてはいかがでしょうか?

尿路結石とは・・・腎臓から尿管までの尿路に結石と呼ばれる石が出来る病気です。泌尿器科では最も頻度の高い疾患の1つで、突然の痛みや血尿が代表的な症状で、夜間や早朝に起こることが多く、通常3~4時間続きます。結石がある部位により、腎結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石に分類されます。男性では特に20~60歳代に、女性では閉経後の年代によく見られます
再発率も高く、5年間で20%、20年間では実に80%もの方が再発するとされています。

胆石とは・・・・・・・胆汁がその通り道(胆のうと胆管)で、何らかの原因で固まってしまったものです。胆石が出来る場所によって、胆のう結石、総胆管結石、肝内結石に分けられます。このうち症状が出やすいのは総胆管結石で、総胆管から十二指腸への出口に結石が詰まると、上腹部に激痛を感じます。一方、胆のう結石や肝内結石ではあまり痛みがでません。

尿路結石の養生
○水分を充分に摂ること
○シュウ酸が多く含まれる食品を摂り過ぎないこと(ホウレンソウ、タケノコ、さつまいも、レタス、ブロッコリー、ナス、紅茶、ピーナッツ、チョコレートなど)
○野菜、海藻、青魚なとのクエン酸、カルシウム、マグネシウムなどが含まれている食品を適度に摂ること
胆石の養生
○胆石はコレステロールを主成分とするものが多いことから、予防するためには食生活に気をつけることが大切です。脂っこいものやアルコールはコレステローを増やすので控えめに。特に胆石を既に持っている方は、胆石発作を誘発するので注意が必要です。胆石の予防には、植物繊維が多く含まれている食品を多く摂ることが大切です。植物繊維は十二指腸で分泌されたコレステロールを包み込んだ胆汁酸を吸着し、そもまま体の外へ排出するとされています。

尿路結石・胆石には植物のチカラを
漢方薬や民間薬で用いられる植物の中には、尿路結石や胆石に使われているものもあります。その代表が連銭草(れんぜんそう)、裏白樫(うらじろがし)です。
その2つの有効エキスを配合したお茶が小太郎漢方製薬から石流茶として発売されていて、お気軽に毎日の健康サポートができます。