第2子不妊(2人目がなかなか授からない)

第1子は何も悩まないで自然に授かったのに、一人目が落ち着いていざ2人目・・・と思ったらなかなか授からない、といった相談をよくうけています。ご本人様も理由がわからず、ただ焦るばかり。病院で検査を受けても特に疾患はなし。ただ年齢のことも気になり、ホルモン剤の使用で卵巣刺激、人工受精、体外受精へとすすめられて・・・でも結果がでないということはよくあることです。
医学的には続発性不妊と呼ばれ、珍しくもないことですが、中医学でこの第2子不妊を考えると、わかりやすく、対処もしやすいことです。
まず第一にいえることは、間違いなく第1子より、お母さん、お父さんの年齢が高くなっていることです。特に30代になると、確実に年齢とともに卵子、精子の老化がすすみ、質の低下がおこります。一年経てば妊娠の確率は低下していきます。漢方では特に「腎」の部分か関係してきます。ですのでこの「」を補なってあげておけば、年齢による卵子、精子の老化はある程度は防ぐことができます。
第二にいえることは、血行の悪化やストレスが増えてきているということです。産後しっかり血の道の対応をしてなかったり、失った血の補血を怠ったり、産後の育児で疲れてパワー不足になったりすると血の巡りが悪くなって瘀血が発生します。また第1子ができたことにより生活面でもいろいろ変化があり、時にはそれがストレスになることもあります。ストレスも血液の流れを悪くして、瘀血を発生します。この瘀血が妊娠に影響を与えていることが多いのです。漢方ではこの瘀血活血化瘀という方法で取り除くことができます。また瘀血の原因のストレスや疲れも疎肝理気補気といった方法で対応できます。

以上のように第2子不妊は中医学では対応が可能です。人それぞれ必要な漢方薬は違いますので、まずはカウンセリングをして、どこが原因なのか確かめて、その対応をしていけばきっと二人目の赤ちゃんも授かりやすくなると思います。