卵巣過剰刺激症候群(OHSS)

卵巣過激刺激症候群(OHSS)とは
卵巣内の卵胞が過剰に刺激されることによって、卵巣が腫れて痛み、吐き気、急な体重増加、腹水などの症状がおこってしまうことです。これは排卵誘発の際に使用される、卵巣に直接働きかける注射剤のhMG-hCG療法で起こりやすいことが知られています。間接的に排卵促進させるクロミフェンなどの経口剤では発症は稀です。

経口排卵誘発剤
最もよく使用されているのがクロミッド(クロミフェン)です。クロミッドは脳に作用して、卵巣を刺激ホルモン(FSH)の分泌を促すし、卵胞の育ち、排卵を促します。卵巣に直接働きかけてはいませんので、卵巣過激刺激症候群になることは少ないのですが、子宮内膜が薄くなる、経管粘液が減少するなどの副作用があり、長期使用は妊娠率がむしろ低下するともいわれています。

注射薬の排卵誘発剤
HMG製剤が頻用されています。FSHと同じ作用で卵巣に直接働いて卵胞の成長を促進します。この誘発剤は卵巣に直接刺激しますので、一度に複数の排卵がおこることも多いです。また卵巣過剰刺激症候群になることも、用量が多かったり、体質によっても違いますが、よくあります。

卵巣過剰刺激症候群(OHSS)の危険因子
卵巣の反応性が良い年齢(18~35歳)
痩せ型
多嚢胞性卵巣症候群の方
血中エストラジオール(E2)の値が高い方
黄体機能補充法にhCGを使っている
妊娠成立時

中医学で卵巣過剰刺激症候群(OHSS)に対応
中医学では卵巣刺激により卵巣が腫れたり、腹水がたまってしまうのは「痰、水湿、血瘀」という病的産物が蓄積した状態ととらえます。よってこれらの「痰、水湿、血瘀」を取り除くことが治療になり、また「痰、水湿、血瘀」を産出させないことが予防になります。

上記①~④の対応
年齢が若いうちは、生殖を司る腎気は盛んなのに、排卵誘発をすると反応もよく、急に卵胞が育ち、癸水が卵巣に過剰に充満し、水湿という邪になってしまします
痩せている方は「陰虚」に属し、hMG等の卵巣直接の刺激が陰虚内熱を生じ、感受性が高まってしまいやすくなります
多嚢胞性卵巣症候群の方は排卵できなかった(大きく育たなかった)卵胞が急に多数反応してしまうので湿がたまりやすくなります
E2が高すぎると体内では痰湿の邪となります。

以上のことから中医学では化痰、利水湿、通絡の漢方を用いて対応できます。漢方の得意な分野でもあります。
OHSSになってしまった方はもちろんですが、子宝に恵まれるため生殖補助医療(ART)でhMG-hCG製剤を使用される方は、是非予防に漢方を服用ください。卵の質を上げ、内膜環境をよくし、着床のサポートまで期待できますから。