無精子症

男性側の不妊原因の一つである無精子症。

無精子症とは精液中に精子が全く無い状態をいいます。近年増加傾向にあり、男性の100人に1人は無精子症であるといわれています。

無精子症は閉塞性と非閉塞性の2タイプに分けられます。閉塞性は、精巣内で精子が作られているものの精子の通り道が塞がっている状態。非閉塞性は、精巣内で精子が全くもしくはほとんど作られていない状態です。無精子症の8割は非閉塞性無精子症といわれています。

無精子症といいますが、自分の見た目では精液では正常に精子がある人との見分けはつきません。で病院んで検査してもらわないとわかりません。見た目で気にすべき症状とすると「精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)」には注意が必要です。精巣静脈の逆流で陰嚢が腫れあがってしまい、精子をつくる能力に影響が出てしまいます。陰嚢の左側が腫れることが多いため、左右で大きさが違うなどが見られたときには、泌尿器科や不妊治療を行っている病院に相談しましょう。
無精子症の検査ですが、一般に初期にするフーナーテスト(性交後の子宮頸管の粘液を採取し、精子の状態を確認する検査です。排卵日頃、検査の前日か当日に性交を行い、病院で子宮頸管の粘液を採取し、そこに含まれている精子の数や運動量をチェックする)で精子の数がわずかだったり、無かったときは無精子症を疑い、問診、触診、ホルモン値検査などを行い、精子の形成を促すホルモンであるFSHの値や睾丸の大きさが正常であれば閉塞性無精子症の可能性を、FSHの値が高く睾丸が小さい場合や触診で痛みを感じる場合は非閉塞性無精子症の可能性を疑います。検査をうける病院は検査当日病院で採精できる病院を選びましょう。閉塞性無精子症の場合は精巣輸出管、精巣上体管、精管、射精管といった精子の通り道が尿路感染や性感染症、鼠径ヘルニアの手術の後遺症により閉塞することが原因で起こります。

非閉塞性無精子症の場合はホルモンの異常か、精巣の造精機能に何らかの問題があるかのどちらかが原因と考えられていますが、具体的な原因を突き止めるのは困難な場合も多い疾患です

 閉塞性無精子症の治療方法は?

一般的に、自然妊娠を望み、女性側に不妊原因がなくカップルの年齢が35歳未満の場合には、「精路再建手術」という方法があります。女性側にも何らかの不妊原因があるときや、年齢が35歳以上の場合は、精巣や精巣上体内の精子を採取して顕微授精を行う方法が検討されます。いずれにしても、適切な方法を選択するためには男性不妊治療も行っているクリニックで、治療経験が豊富な医師に相談することが大切です。

非閉塞性無精子症の治療方法は?

ホルモン異常が原因の場合は、ホルモン剤を注射することで精子が精液中に出現する可能性があります。また、患者の半数は精巣内の一部分で正常に精子を形成していることが分かっているので、MD-TESEと呼ばれる方法で精子や精子になる前の細胞である後期精子細胞を探します。精子が一つでも見つかれば、排卵誘発によって採卵した卵子とともに顕微授精を行って妊娠できる可能性があります。高い技術力が求められる治療法なので、クリニック選びは事前にホームページで確認するなど、慎重に行いたいですね。

 漢方治療
閉塞性無精子症の場合・・・気滞血瘀と痰湿と弁証することがおおく、冠元顆粒や冠脈通塞丸、シベリア霊                                                                 芝、温胆湯等を服用します。
非閉塞性無精子症の場合・・多くの場合腎虚と弁証することがおおいです。腎とは腎臓そのものではなく、生殖器系、免疫系、泌尿器系の機能のことを指します。腎虚とはそれらの機能が低下している状態をいい、治則に補腎剤を服用します。補腎薬のなかでも腎陰虚と腎陽虚と体質で分類して漢方薬を選択します。体の中が火照っているような腎陰虚の体質のかたのほうが治癒がいいです。