男性不妊に

中医不妊講座で男性不妊に木鶏丹を使っていただいたところ、もともと顕微授精をしていても受精しない方から「受精がうまくいった」、受精しても分割が悪い方からは、「胚盤胞まで成長した」、今まで体外受精を受けていた方からは「自然妊娠をした」という声をよく聞くようになったと報告をもらいました。
飲酒習慣がある方には「精子の活動が弱い」「精子量が少ない」「奇形が多い」といった特徴が多くみられます。長期間に及ぶアルコールの影響によって肝の代謝機能は弱くなり、老廃物が体内に溜まりやすくなりますが、これは中医学でいう痰湿、湿毒の状態です。河川の水が汚れると魚が住めなくなるように、痰湿、湿毒は精子の生存環境を悪くして精子量減少や運動率低下などの男性不妊の原因となります。また、疲れやすい体質にもなります。
木鶏丹は養肝排毒の働きがあります。雲芝で補肝養肝、胡桃揪皮で清熱、除湿、解毒をして全身の代謝を改善することによって精子の状態も整えられます。河川が綺麗になって魚の生息環境が整うという訳です。もちろん、川に住む魚=精子は元気を取り戻します。メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)・脂質を取り過ぎるなどの好ましくない食習慣・性欲減退・精力減退の方にも応用できます。