更年期障害

更年期女性によくみられる症状は様々なものがあります
①血運動神経症状・・・・・ほてり、のぼせ、発汗、冷え、動悸
②運動器系症状・・・・・・・・・肩こり、腰痛、関節痛
③精神神経症状・・・・・・・・・頭痛、不安、不眠、イライラ、物忘れ
④知覚系症状・・・・・・・・・・・手足のしびれ、感覚が鈍る

西洋医学ではそれぞれの所見を来す機序をとらえて、どの症状が強いかによって東洋医学とはまったく異なる治療法をとります。運動、栄養、休養などのカウンセリングや向精神薬が処方されることが多く、唯一の例外(症状での治療でない)がホルモン補充療法ですが、世界的にはそのリスクも考え縮小傾向になっています。また漢方薬を処方する医師も増えてきましたが残念なことに今の一線で臨床にあたっている医師が学生の時受けていた教育には「東洋医学」というカリキュラムはありませんでしたから、西洋医学の薬と同じように症状で使っているので根本治療にはなりませんし、その使い方なら西洋薬のほうが確実に効きます。
それに対し東洋医学では、これらの様々な症状が、一つの、もしくは多くても2~3の原因によるものではないかと考え、それに対し根本的な治療を目指します。
多くの更年期女性が示す病態は「腎陰虚」と呼ばれる状態になっています。これは生まれたとき両親からもらった「先天の精」が加齢によって機能を失ってきているので、無理して精を出そうとしている状態、車で例えると長年頑張ってきた車に無理をさせてオーバーヒート気味になった状態といえます。その状態に血の問題、ストレス(肝)の問題等が絡み合って人様々な症状が出でいると考えます。
腎は腰部に存在します。腎が虚せば腰痛、膝痛などが現れます。また腎は五行では水の行にある臓で、これが虚すということは、続く木行の臓である肝が乾燥し、燃え上がりやすくなります。すると上半身に熱が上がり、ほてり、発汗、頭痛、眩暈、耳鳴り、不眠、イライラなどが起きてきます。あとの知覚系の症状は気血の巡りの不調であると考えます。