不妊と冷え症

手足が冷えやすい」「冷え症だ」となにかと寒がるのに、冷えの問題に以外と無関心な女性が多くみられます。
冷えの原因には、冷房、冷たい飲食物、薄着のほかに、ホルモンのアンバランス、自律神経失調やストレスに関係するものが多くあります。特に下半身の冷えで気をつけなければならないものは、子宮、卵巣、輸卵管など、妊娠に直接かかわる重要な器官がおさまった骨盤への影響です。冷えは骨盤の血液の流れや働きを著しく悪くしてしまうからです。「たかが冷えくらい」と軽く思っていると、これが意外にも不妊の原因になることが多いからです。
子宝を望むならまず特に下半身を冷やさないことです。冷たい飲食物は夏でもほどほどにし、日頃から下半身の薄着は避けるべきです。さらに骨盤を中心に血液の流れや働きを良くする漢方薬が大いに役立ちます。女性のためにあるような生薬の当帰を使った婦宝当帰膠がファーストチョイスとなります。当帰は体を温め、骨盤の血液の流れや働きを改善し、女性ホルモンのバランスを整える力にも優れ、体の芯から温めてくれます。
また、冷えやすい人には強力な動物性生薬が使われている参茸補血丸、双料参茸丸、参馬補腎丸が心強い味方になります。
子宝を望んでいる方は、母体のためにもまずは冷えを改善しましょう