子宮内膜の改善

子宮内膜が薄い時におすすめの漢方

病院で卵胞の大きさや、子宮内膜の厚さを調べるのに超音波検査があります。この検査で子宮内膜の厚さを測定し、結果10mm以上あると良好と判断されます。また体外受精で受精卵を戻すときの条件に8mm以上ないと戻さないとしている病院もあります。
病院では子宮内膜の厚さだけを気にしていますが、中医学では質も重要視しています。確かに厚さは必要です。が、いくら厚さがあっても質が悪ければなんともなりません。よく子宮内膜を赤ちゃんを迎え入れるベッドにたとえます。いくら厚さがあっても、質が悪く堅いベッドでは赤ちゃんを寝かせたくありません。逆に厚くフカフカのベッドであればそっと寝かせてあげたくなります。中医学はその質もよくしてあげようとしています。

子宮内膜を厚くするホルモンはエストロゲンですが、このホルモンは卵子の成長すれば分秘も増える関係にあります。よって卵子の成長が順調な周期には良い子宮内膜がつくられます。よって病院の検査の結果「子宮内膜が薄い」といわれても、たまたまその周期がよい卵子の成長でなかった可能性もあります。よい卵子が育てば、よい子宮内膜が出来るのです。
卵子を育てる(排卵させる)為に、病院ではよくクロミッドやエストロゲン製剤が処方されていますが、確かに卵胞は育ち排卵はしやすくなるのですが、子宮内膜には偽エストロゲンとして働き、質の低下があり、形だけ子宮内膜を厚くしても妊娠の可能性が高まらないといったことになります。またクロミッドは子宮内膜を薄くするといった副作用もあります。
このような点から、慢性的に子宮内膜が薄いという方や、クロミッドを使った周期でタイミングや体外受精で新鮮胚を戻すことを考えている方などは、漢方薬の服用を積極的に取り入れたほうがよいでしょう。

一般的に子宮内膜が薄い場合には、中医学的には大きく分けて二つの体質が原因と考えます。一つは「血虚」二つは「瘀血」です。
「血虚」とはいわゆる「血」が不足している状態です。子宮内膜は「血」から出来上がっていますから、その不足は厚さに大きな影響を与えてしまいます。よって「血」を補う漢方である「婦宝当帰膠」などが、その対策に使用されます。
もう一つの「瘀血」「血」の巡りが悪い状態です。子宮内膜には絶えず新鮮な血液が流れ込み、ホルモンを運んでいます。その流れが悪ければ子宮内膜も薄くなってしまうことは当然でしょう。その改善方法としては「血」の巡りをよくする漢方「冠元顆粒」などがあります。
この二つの体質を優先的に考慮しながらも、その方の年齢を含めた体の状態を見極めて服用する漢方薬を決めていきます。特に35歳以上の方などは「腎虚(生殖力の低下)」体質も考えないといけません。
以上のように子宮内膜の厚さを決める要素は主に「血」の状態です。「血」を増やすためには、貧血にいいとされている食材(レバーや鶏肉、赤身の魚、ほうれん草や小松菜等を十分に摂り、「血」の巡りを良くするために適度の運動を行い、血液サラサラに良いとされる食材(青魚、酢の物、海藻、ネギ類など)を豊富に摂っていくことが重要です。
ぜひ食養生にも気を配りながら、漢方薬を服用して、良い子宮内膜をつくりましょう!

知多半島・半田の漢方薬局  ジロードラッグしみん薬局 http://jirou-kanpou.com/

漢方体験.com    “http://www.kanpo-taiken.com/