漢方での不育症対策

せっかく妊娠したのに・・・・流産はとても悲しいことです。
体力面だけでなく、精神面の回復に時間がかかります。
ただ、流産は、6人に1人は経験するほど、比較的多い状況です。でも、いざ自分の身におこるとショックは隠しきれません。12週以内に起こることが多く、年齢が高いほど割合は多く、30代以降は4人に1人経験しています。
原因は、子宮の奇形や感染症、遺伝子的原因など色々なことが考えられます。現実は病院で流産を経験されても、結局は明確な原因がわからず原因不明と言われることが多いようです
その中でまず検査で原因が判明するのが、抗リン脂質抗体症候群です(血液検査)。、抗リン脂質抗体症候群(APS)の場合は
①血栓症や反復流産がある
②抗体が検査でわかった         場合、診断されます。
APSの場合は、血栓ができないように、低用量アスピリンやヘパリンを妊娠中、通して服用することになります。ステロイド剤の場合は胎盤移行が心配されますので、移行のリスクの少ないプレドニンが使われます。ただ、抗体価が異常に高い場合以外はあまり使われません
ただAPSが多いか?といえば、そうでなもなく、抗体がなくてもとりあえずアスピリンを・・・という状況もあります。



 漢方薬での対応
漢方では、胎児をお腹の中でしっかりと育てるためには、「腎」と「脾」、そして「肺」の働きが不可欠と考えています。「腎」は妊娠を維持し育てるエネルギー、「脾」は食べ物を消化吸収して胎児を養う気血を生み出します。「肺」は呼吸に関与しています。
この「腎」「脾」「肺」の機能を高め、体質改善をする処方が「イスクラ双料参茸丸」です。特に流産癖のある方、高齢出産の方、虚弱体質の方は10週まではしっかり服用していただいて、その後は半量にしていただき、丈夫な赤ちゃん、母体のために使用していただいています

知多半島 半田の漢方薬局 ジロードラッグ http://jirou-kanpou.com/

漢方.com                         http://www.kanpo-taiken.com/