飛蚊症(ひぶんしょう)

飛蚊症と漢方

明るいとこを見たり、青空をみたりしたときに、目の前を黒い蚊のようなものが動くようにみえたり、糸くずのようなものがフワフワしてみえたりする症状を飛蚊症といいます。
この現象は、私たちの眼球の中には「硝子体」というゼリー状の透明な液体が詰まっています。角膜と水晶体を通って外から入ってきた光は、この硝子体を通り抜けて網膜に達するのですが、このとき、硝子体に何らかの原因で濁りが起こると、明るいところを見たときに、その濁りの影が網膜に映ってしまいます。影は眼球の動きとともに動くので、蚊が飛んだようにみえてしまいます。
飛蚊症は、生活習慣や食生活の改善だけでは治すことはできませんが、老化現象によるものなら目の老化現象をストップさせることで、改善できることもあるかもしれません。
目を元気にするには「肝」「腎」の機能を補い、血を増やす食材を心がけることです。ゴマ、クルミ、松の実、桑の実、山芋、クコの実、ニンジン、レバー、うなぎの肝、オクラなどの食材を料理にいかしてください。
飛蚊症は網膜剥離や眼底出血などの重大な病気が隠れていることもありますので、まずは必ず眼科で診断してください。

飛蚊症に効果的な漢方薬

肝腎陰虚タイプ
めまいや視力低下、耳鳴り、不眠、ひざや腰がだるく痛むなど、高齢者や虚弱体質の人に。ことタイプは「六味地黄丸」、「杞菊地黄丸」がおすすめです
気血両虚タイプ
「気血」が不足し、目の栄養とエネルギーが不足しているタイプには、滋養強壮にいい「参茸補血丸」、目のかすみ、眠りが浅い、気力が出ない、手足が冷えるなどがある場合には「人参養栄湯」などを足します。
瘀血タイプ
目の痛みや、顔色が黒ずむタイプには、血流をよくする「冠元顆粒」、血をきれいにし、血の循環をよくする「血府逐瘀湯」「田七人参」などがおすすめです
湿熱タイプ
目が充血したり、口が苦く感じられたりするタイプには、トウキ、ジオウなど9種類の生薬からなる「竜胆瀉肝湯」がおすすめです