ストレスでも現れる耳の異常

」は血を貯蔵するタンクの働きがあり、肝に溜められた血は「腎精」の元になり、腎の働きを維持させます。
また腎は骨髄を作り、その骨髄は血を作りだします。
このように、腎精の生成には血が、血の生成には腎精が必要になります。
このことを「精血同源」と言います。
ストレスを過剰に受けると・・・・
肝の貯蔵タンクとしての働きが低下し、血が上手く貯蔵できなくなり、血の量が少なくなってしまいます。そうすると相対的に、腎精も少なくなり、耳の様々な症状が現れてきます。

「肝の異常」による耳の主な症状の特徴
★「キーン、キーン」と金属がぶつかり合ったような高音域の耳鳴り
★耳が塞がったような感じがする
★ストレスによって症状が増悪する
★ある日突然、耳の症状が現れてきた
※他にも頭痛やめまいの症状を伴うことも
※この耳鳴りは子供から高齢者まで幅広い年齢で起きる可能性があります

知多半島・半田の漢方薬局  ジロードラッグしみん薬局 http://jirou-kanpou.com/