〒475-0859
愛知県半田市天王町1-5-1
TEL&FAX 0569-21-6175

営業時間/9:00〜19:30
定休日/日曜日
※学会・勉強会などにより
 祝日などが休みの場合有り

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

気管支ぜんそく

  アレルギーによって発作的にゼーゼーというのど鳴りと呼吸困難のおこる病気です。気管支ぜんそくのおこる季節は秋が最も多く、次に冬、春、夏となっています。しかし、中には一年を通じておこる人もあります。

原因
 大もとの原因はアレルギーですが、何らかのアレルギー性の病気のある人すべてがかかるわけではありません。発病の原因、きっかけは数多くあり、半分は室内のほこり(ハウスダスト)と考えられています。あとは花粉、かび、食べ物、細菌感染などがあり、人によってアレルゲン(発作の原因)は違います。この原因と何らかのきっかけが重なると、発作のおこることが多いとされています。それはかぜ、寒冷刺激、過労、過食、飲酒、女性の生理、心理的なもの(ショックやストレス)などです。また、台風や前線の接近など、気象状況に左右されることもあります。
 症状・くしゃみ、鼻水、鼻づまり、のどのつまる感じ、咳、息苦しさがまず現われます。そしてゼーゼー、ヒューヒューというのど鳴り、咳と痰が出るようになります。また、くしゃみ、鼻水などの前ぶれ症状がなく、突然のど鳴り、呼吸困難がはじまることもあります。

気管支ぜんそくの漢方薬治療
 漢方治療では気と水を重視します。気は、あの「病気は気から」という気です。明日ぜんそくが悪くなったらどうしようか、のどがつまってきた…などは、気の症状です。水は体から分泌される水分をいいます。水分の配分がアンバランスになっていることを水毒といいます。痰がつまって切れにくい、のどが渇く、水っぽい痰が出るなどは水毒の症状です。水分が多くても少なくてもよくありません。また、漢方薬は、ひどい発作をおさえるということより、ぜんそく発作をおこさないような、また、たとえ発作を起こしても軽くすむような体質改善にあります。下記に漢方薬の一部を紹介しますが、漢方薬には体質や症状によって異なってきますので、詳しくは健康相談薬局ジローへご相談下さい。

麻杏甘石湯 まきょうかんせきとう
 咳が激しく、口渇や自然発汗があり、熱感・喘鳴・呼吸困難などのある場合に用います。体力のない人や胃弱者には長期連用は不適。

小青竜湯 しょうせいりゅうとう
 体力は中程度の人。咳と共にのどがゼイゼイして息苦しく、水様の痰が出る水毒によるものに用います。乾燥性のカラ咳には不適。

麦門冬湯 ばくもんどうとう
 痰は粘っこくて切れにくい。顔面を紅潮させて咳をするような場合に用います。本方は気道を湿らせるような効果があります。

苓甘姜味辛夏仁湯 りょうかんきょうみしんげにんとう
 冷え性、貧血性の虚証の人で、喘鳴・喘咳・息切れ、水様の痰が出るような症状に用います。水毒を去り体を温めます。

柴朴湯 さいぼくとう
 咳や痰、喘鳴など、軽症に用います。長期服用すると体力がつき、かぜをひかなくなり、ぜんそく発作の予防や体質改善になります。

PageTop▲
ジロードラッグ しみん薬局
copyright ⓒ 2011 Jiro Drug All Rights Reserved.